感想と愚痴と…

乃木坂46とアニメとユヴェントスと中島愛が好きです。

スーパーロボット大戦V(Vita)をクリアした。

購入したのは発売日なんだけど今更クリアしました。
本格的にプレイし始めたのが、去年9月にイース7をクリアしてからなんだけど、それでも半年くらい掛かったのかな。
SRポイントはなるべく取ろうとはしていたけど、取り逃した場合はまぁいいやと思ってやり直しはしなかった。
結果、、、最後に取り逃しSRポイント40でNORMALの難易度でエンドになってしまった。
HARDまであと1ポイントだったのになぁ。

ストーリーはヤマトがメインなのかな。
イスカンダルに行くのが大筋になっている。
あとはクロスアンジュフルメタ関連のエピソードが印象に残っている。
主人公は男を選択。
女だとナインとの仲はどうになるんだろう。
男を選んで良かった気がする。
主人公機はスーパーロボット系のグランヴァングにしました。
ガンダムやリアル系を使うことが多いので。
メインで使っていたのは、グランヴァング、マジンガーZERO、マジンエンペラーG、νガンダムZガンダムZZガンダムΞガンダムダブルオークアンタユニコーンガンダム、ブラックサレナ、ヴィルキス、ARX-8、グレートマイトガイン辺りかな。
あとはヤマトか。
スーパー系は後半なるとやっぱり力強いですね。
ガンダム系はνガンダムは毎回強い。
Ξガンダムはハサウェイの精神コマンドの使い勝手があまり良くなく、最初の頃は仕方なく使っていたんだけど後半は強かった。
ZZガンダムも過去やったスパロボではいまいちだったけど今作は良かった。
NORMALだったので最終話はあっさりだった。
ネバンリンナのおっぱいと各機体の最強技を見るために戦闘シーンを見ながら、予定通り主人公で倒した。

2周目はもういいかなぁ。
積んであるVitaのゲームもまだあるので。
スパロボ自体は、第2次Zの破界篇以来だったので久しぶりだった。
VのあとにX、Tと出ているけどしばらくはスパロボはいいや。
マクロスシリーズ出たら検討しよう。

レッド・デッド・リデンプション2(PS4) をクリアした。

レッド・デッド・リデンプション2のストーリーをエピローグまでクリアした。(2月23日に...)
発売日にヨドバシカメラで購入して早4ヶ月ですか。
別のゲームもやりつつだけど長い期間放置はしていないんだけど思ったより時間掛かったなぁ。
プレイ時間は100時間未満だとは思うけど。

前作をプレイしていないのでわからないけど、やり始めの頃は操作のしづらさに四苦八苦していた。
あまりに操作しづらいので途中でコントローラーの設定を変更したことで多少マシになり、最終的には慣れた。

2章に入ってから行動範囲がほとんどマップの全てになり、サブクエストも始まったことでメインストーリーがなかなか進まなかった。
特に狩猟は時間泥棒だった。
移動中に動物を見つけると追いかけて狩っていたので。
序盤で一番苦労した狩りはリス。
☆☆☆のリスをヴァーミントライフルで狩りまくったのに最良にならず。。。
東の伝説バッグを作ったのは4章に入ってからだったけど、バッグを本格的に作る前の方が狩りやってた。
特定の動物を狙ったわけでなく、何でも狩ってたなぁ。
無駄といえば無駄なんだけどやってた当時はそれが楽しかった。
トロフィー見ると2章で止まってる人が多いけどわかりますね。
とっつきにくい操作性で止めちゃうのも、自分みたいに狩りや放浪して時間だけがすぎるのも。

ストーリー的には中盤まではそこまで惹かれなかった。
個人的にはダッチギャングの人数が多くて誰が誰だかわからなく、メインストーリーやっても作業になっていた。
正直中盤まではダッチとホゼアしか認識できていなかったなぁ。
ストーリーが面白くなったのは明確に4章の後半からですね。
そこから一気にプレイしました。
バッグも作って狩りに飽きてきたってのもあるのだけど。
4章は段々とダッチギャングが追い詰められて行くのが悲壮感が漂って雰囲気が良いです。
特にダッチは今までみたいな余裕がなくなっていくのがよくわかる。
そんなダッチの考えにアーサーが疑問を持っていく描写により惹きつけられた。
残念ながらアーサーの物語は6章で終わってしまう。

エピローグは数年後のジョンの物語。
無法者として生きてきた男が根を下ろして生活しようというもの。
前作へと続く物語ではあるけどエピローグで一旦の区切りみたいなものをついたのかな。

エピローグ後はジョンを操作して自由にプレイできる。
ブラックウォーターにも問題なく行けるし、もっと西へ放浪できる。
本編で行ったところの倍くらい広くなったんじゃないか思うくらい。
行ってないところに行くのだけでも楽しいですね。

不満としては最初に書いた操作性、移動時間の長さ、エピローグでのジョンの操作。
操作性は設定と慣れでどうにかしたけど、もうちょっとやりようあるでしょ。
あと移動時間の長さはね…。
ファストトラベルもあるけど使い勝手が良くないし。
汽車や駅馬車もあるんだけどこっちもあんまりなぁ。
自分はシネマティックモードにして自動移動にしていたけど、時間は普通に移動するのと変わらん。
しかも目を離したすきに狼とかに襲われることもあるし。
ただ、一番の不満はエピローグ後にアーサーを操作できないこと。
物語的には仕方ないんだけど、ずっとアーサーを操作してたのになぁ。
正直1やってないし、全くジョンに思い入れないから萎えてしまったよ。

今後は時間あるときに伝説の動物狩るくらいですかね。
積んであるゲームまだまだあるから…。

プラチナ・ジャズ・オーケストラ presented by ラスマス・フェイバー のライヴに行ってきた。

プラチナ・ジャズのライヴに行ってきました。
自分が行ったのは、2月7日19時からのBillboard Live東京でのライヴ。

f:id:yahen:20190207184949j:plain
初参加

プラチナ・ジャズのアルバムは、Vol.1からずっと買ってはいるのだけどライヴはなかなかタイミングが合わずに行けていなかった。
今回ようやく行けました。
Billboard Liveに行ったのも初めてだったけどおしゃれですね。
さすがは六本木。

f:id:yahen:20190207185710j:plain
カジュアル席の5階

CMでも聞く定番の『銀河鉄道999 』や『はじめてのチュウ』は盛り上がります。
特に盛り上がったのは『デビルマンのうた』。
この曲はライヴ映えしますね。
ボーカルのNiklas Gabrielssonのパフォーマンスが素晴らしい。

ライヴは楽しくてあっという間に終わってしまった。
また、アルバム出してくれないかな。
食事しながらというのもあまり経験がなかったので新鮮でしたね。


www.youtube.com


フライングドッグ10周年記念LIVE -犬フェス!- に行ってきた。

2月2日に武蔵野の森総合スポーツプラザで行われた『犬フェス!』に行ってきました。
夏フェスのに参加したことあるけどアニメ系のフェスは初めての参加。
アニメはよく見るけどアニソンまでは手が回らないので、今までは回避してました。
ただ、今回はフライングドッグ関係のアーティストで、自分もよく聞く方々だったので迷わずオフィシャル先行で申し込みました。
チケットは前日の夜に発券。
そしたら4階ですよ。。。
オフィシャル先行で4階はないでしょと。
そして当日の午前に菅野よう子がインフルエンザで不参加という情報が流れる。
この時点で会場は遠く、座席は4階で、菅野よう子も不在になり、かなり行くテンションが下がりました。
ただまぁみたいアーティストばっかりだったので自分に鞭を入れて行きました。
会場についたのが3時半頃。
まずはグッズを買いました。
パンフレット、河森正治Tシャツ、トートバッグ。

f:id:yahen:20190203140239j:plain
タオルも迷ったけど買わず

座席につくとLブロックはステージ側で思っていたより近かったですね。
ただやっぱり上から見下ろす感じなので3階が良かったかな。
会場内ではスクリーンにフライングドッグのアニメのOPが流れていて懐かしかった。

田中公平がプレゼンターとして登場して『犬フェス!』スタート。
いきなり『勇者王誕生!』でテンションが上がる。
May’n、ナノで更に会場も盛り上がり、梶浦由記パート。
FictionJunction YUUKAは個人的には参加が発表されてから楽しみにしていました。
アルバムは2枚とも持っているし、当時アニメも一番見ていたので。
選曲も『暁の車』と『nowhere(ヤンマーニ)』と言うことなし。
そして南里エッタは変わらず美人でした。
その後、プレゼンターで河森正治の登場。
やっぱり監督としてはマクロスアクエリオンの河森さんでしょう。
「菅野さんも地球人だったんだ」といじってました。
最後に「彼女の歌を聴け!」と言い残し、新居昭乃の登場。
『Voices』聞いたのも何年ぶりだろうか。
そして『キミヘムカウヒカリ』には驚きました。
あの『ゼーガペイン』のOP、消されるな、この想い。
ALI PROJECTの2曲もどちらも懐かしい。
ステージでも独自の世界観で楽しいですね。
そして中島愛
まめぐさんのライヴはちょくちょく行ってはいるので、目新しい感じはしませんでしたがフェスだとちょっといつもと違いますね。
「抱きしめて、銀河の果てまで!」で登場して『星間飛行』、土曜の夜ということもあり『サタデー・ナイト・クエスチョン』。
選曲は予想通りでしたね。
その後、一旦はけて『ライオン』のイントロが流れてMay’nと再登場。
二人での『ライオン』はいつ以来だろうか。
自分が見たのはおそらく2010年クリスマスの『超時空スーパーライブ Merry Christmas without You』以来かな。
2013年のクロスオーバーライブはなぜか参加していないので。
やっぱりこの二人が揃ってステージに立っている姿を見るのは別格です。
それこそマクロスFがあそこまで売れるかわからないZepp Tokyoのイベントから見ていたので。
会場では泣いている人もいましたね。
今年のクロスオーバーではまた見れると思うけど、その後はまた数年後とかになりそうだなぁ。
そろそろFの新作映画作ってくれないかぁ。。。ワルキューレがあるから無理だろうけど。
ここで前半終了。
30分休憩ではあるのだけどkzのDJ TIMEで飽きない構成。
懐かしい曲も聞けて休憩時間ではないな。

後半はシークレットゲストのFIRE BOMBER
1曲だけでしたが盛り上がりました。
AKINO with bless4のパフォーマンスは初めて見ましたが、AKINOのボーカルは圧倒されますね。
盛り上げ方も上手い。
そして今回のフェスで楽しみにしてた石川智晶
『不完全燃焼』、『アンインストール』という選曲も完璧で大満足です。
更にはSee-Sawで『あんなに一緒だったのに』。
See-Saw、期待していましたが本当に見れるとは思いませんでした。
これぞ犬フェス。
Tridentが一夜限りの復活。
これまた懐かしい。。。
アルペジオ面白かったなぁ。
ワルキューレは3曲。
どれも聞き慣れた代表曲。
やっぱり盛り上がりますね。
途中のMCで西田望見のソロデビューが発表されワルキューレの全員がソロ活動することに。
ワルキューレの勢いは凄いですね。
正直マクロスΔの枠を超えている感じ。
完全にワルキューレの曲を売るためにアニメがあるいう感じですね。
Fの時は曲ももちろん売れていたけど作品自体にパワーがあって、キャラがいて、そのキャラの歌だから売れていたのだけれど。
Δは逆転しちゃってますね。
トリは坂本真綾
アルバムは買っているのですが、シングルはここ数年買ってなくてFGOもやっていなので『逆光』はCMで聞いたことあるくらいでした。
Fateはstay nightとhollow ataraxiaで満足しちゃってるので。。。
『Be mine!』の後のMCではやっぱりトリはこの人だなという内容で、菅野さんイジりもありさすがでした。
最後は菅野さん一緒に演奏する予定だった『プラチナ』。
曲中に菅野さんをイジりたおしていました(笑)。
アンコールもなく、最後に『犬フェス2』の開催が発表されて終了。
坂本さんが3曲だけというのも意外でしたね。

菅野さん不在でしたが、始まってみれば大満足のフェスでした。
はじめての開催ということもあり、幅広いアーティストと楽曲でバランスも良く、昔からのアニメファンにとっても優しい?イベントだった。
最近のアーティストの最新曲ばかりだと自分としてはキツいので。
『犬フェス2』は現時点で発表されたメンツ見ると『ワルキューレフェス』かな。
ワルキューレの面々で半分くらい時間使いそう。
おそらく今回みたいな幅広い内容ではなく、今旬のアーティストになりそうですね。
そうなると他のアニメ系のフェスと同じようで、フライングドッグのイメーとはちょっと違うかなという感じがしますが。

大満足だったんだけど菅野さんが参加していたらどうなったんだろういう気がします。
菅野メドレーや『MOON』はあったのかなぁ。
『ライオン』は演奏していた気がするけど。

セットリスト

1 勇者王誕生!
遠藤正明田中公平
TVアニメ「勇者王ガオガイガー

2 Chase the world
May’n
TVアニメ「アクセルワールド

3 射手座☆午後九時Don’t be late
May’n
TVアニメ「マクロスF(フロンティア)」

4 ダイアモンド クレバス
May’n
TVアニメ「マクロスF(フロンティア)」

5 SAVIOR OF SONG
ナノ
TVアニメ「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-

6 No pain, No game
ナノ
TVアニメ「BTOOOM!

7 salva nos
FictionJunction (ゲストVocal:笠原由里)
TVアニメ「NOIR ノワール

8 暁の車
FictionJunction YUUKA
TVアニメ「機動戦士ガンダムSEED

9 nowhere
FictionJunction YUUKA
TVアニメ「MADLAX

10 Voices
新居昭乃
アニメ「マクロスプラス

11 キミヘムカウヒカリ
新居昭乃
TVアニメ「ゼーガペイン

12 亡國覚醒カタルシス
ALI PROJECT
TVアニメ「.hack//Roots

13 勇侠青春謳
ALI PROJECT
TVアニメ「コードギアス

14 星間飛行
中島 愛
TVアニメ「マクロスF(フロンティア)」

15 サタデー・ナイト・クエスチョン
中島 愛
TVアニメ「ネト充のススメ

16 ライオン
May’n × 中島 愛
TVアニメ「マクロスF(フロンティア)」

17 DJ TIME
kz(livetune

18 PLANET DANCE
FIRE BOMBER福山芳樹 × チエカジウラ)
TVアニメ「マクロス7

19 海色
AKINO with bless4
TVアニメ「艦隊これくしょん -艦これ-

20 創聖のアクエリオン
AKINO with bless4
TVアニメ「創聖のアクエリオン

21 不完全燃焼
石川智晶
TVアニメ「神様ドォルズ

22 アンインストール
石川智晶
TVアニメ「ぼくらの」

23 あんなに一緒だったのに
See-Saw
TVアニメ「機動戦士ガンダムSEED

24 ブルー・フィールド
Trident
TVアニメ「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-

25 いけないボーダーライン
ワルキューレ
TVアニメ「マクロスΔ(デルタ)」

26 一度だけの恋なら
ワルキューレ
TVアニメ「マクロスΔ(デルタ)」

27 ワルキューレがとまらない
ワルキューレ
TVアニメ「マクロスΔ(デルタ)」

28 逆光
坂本真綾
スマートフォン向けゲーム「Fate/Grand Order

29 Be mine!
坂本真綾
TVアニメ「世界征服~謀略のズヴィズダー~」

30 プラチナ
坂本真綾
TVアニメ「カードキャプターさくら

https://aniuta.co.jp/contents/221863

乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展に行ってきた。

1月12日にソニーミュージック六本木ミュージアムで行われている『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』に行ってきました。
乃木坂のイベント自体かなり久しぶりですね。
ライヴも全く行っていないし、2年前の橋本奈々未最後の握手会以来かな。
シングルは握手券が抜かれたものを半年後くらいに買っていますが。
だからまだ『シンクロニシティ』までしか持っていない。。。
今回の『だいたいぜんぶ展』も積極的に行く気もなく、友達が行くというのでついていきました。

どういうイベントかというと、

現在、名実ともにトップ・アイドルグループのひとつとなった「乃木坂46」。
彼女たちを特徴づけるクリエイティビティが表れたCDジャケット、ミュージックビデオなどの映像作品、そして衣装。
こうしたアートワークが生み出されていくプロセスを一挙に紹介する大規模な展覧会を、2019年1月11日から5月12日まで開催します。
本展はソニーミュージック六本木ミュージアムこけら落としとなる展覧会です。

チケットはその日いつでも入場できるわけではなく、入場時間は時間帯で区切られている。
自分は2時半頃会場に到着し、行列に並ぶ。
まずはチケットカウンターに並び、下記チケットを引き換える。
f:id:yahen:20190113061401j:plain
これはショップで会計と時にも必要で、スタンプが押される。

その後は、展覧会を見る流れなんだけどお腹も減っていたので先にカフェへ。
ここでも行列に並ぶ。
30分ちょっと掛かってカフェの中へ。
自分は『ロマンティックいか焼き フードプレート』と『ごめんね、スムージー』を注文。

f:id:yahen:20190112155142j:plain
どいやさんがいる
f:id:yahen:20190113063606j:plain
こっちにもどいやさん
いか焼きは切るのが大変でしたね。
味はまぁ普通。
スムージーは甘くて美味しかったです。


そしてメインの展示会へ。
展示物の写真撮影は衣装コーナーのみでした。残念。
あと9万点が展示されているのかと思ったら全然そんなわけでもなく、そのうちのほんのごく一部でした。
ただ、グループロゴのデザイン案やジャケットのボツになったもやMVの台本、コンテ等見ていて飽きなかったです。
特に初期のジャケット写真はとても新鮮でした。
『シャキイズム』MVの各キャラの一言コメントも良かった。
資料、写真の後は衣装の展示。

f:id:yahen:20190112170722j:plain
10thシングル『何度目の青空か?』
f:id:yahen:20190112170607j:plain
2017年紅白歌合戦 『サヨナラの意味』
f:id:yahen:20190112170416j:plain
衣装の展示はこんな感じ

最後は、大画面で『6th YEAR BIRTHDAY LIVE』の『シンクロニシティ』を見る。
鮮やかで迫力あり見入りました。
赤い衣装だったのだけどこれがまた映える。
鮮やかすぎる。

展示会終わるとグッズ売り場へ繋がる。
いろいろ買おうかと思ったんだけど、結局いつも使わないのでちょっとだけ買いました。

  • 乃木坂46 Artworks だいたい全部展 図録 (仮)
  • N46AW メンバーバースデイキーホルダー(生田絵梨花白石麻衣)
  • N46AW ポップコーン
  • ジャケ写マグネットカプセル (3回)

f:id:yahen:20190113060748j:plain
購入グッズ

ジャケ写マグネットは『君の名は希望(Type-C)』、『ハルジオンが咲く頃(Type-D)』、『ジコチューで行こう!(通常版)』。
これは当たりではないなぁ。
ポップコーンの缶バッジは松村さんだし…。

帰りは会場出たのが6時だったので、並ぶ時間含めて3時間半。
最初とカフェは並ぶけど展示会はそうでもなかったですね。
そんなに期待していたイベントでもないのですが、懐かしさもあり楽しめました。
ジャケ写マグネットは年ごとにコンプリートセットが販売していたんだけど、自分が乃木坂46を特に好きだったのは2012年から2015年ですね。
もちろん今も好きではあるんだけど、音楽番組を見るくらいしかしていない。
西野七瀬若月佑美も卒業しちゃったんだよねぇ…。
どいやさんは今回の展示会で山程見ていたからキーホルダーでなーちゃんがなくてちょっとびっくりした。
特に好きなメンバーで残ってるのはいくちゃんとまいやんくらいですね。
ただ今回の展示会行ってまたライヴ行きたくなりました。
2月の大阪はさすがに無理なので夏かな。

イースVIII -Lacrimosa of DANA- (Vita)

少し前に本編をクリアした。
昨年の11月に『WHITE ALBUM2』をクリアしてからちょくちょくプレイし始めて途中数ヶ月放置してたこともありようやく。
エストも漂流者もマップもまだまだだけど取りあえず真エンディングでした。
f:id:yahen:20180909111059j:plain
PS4だと真エンディングでも違う絵があるみたいですね。

イースシリーズはPSPの7以来だったので、システムがどう変わったかもよくわからず…。
ただイースらしい爽快感のあるアクションRPGでした。
ボタン連打で頃合いを見てスキル発動でもいいんですが、硬い敵にはフラッシュムーブ、フラッシュガード 等を駆使することでよりアクション性が増すのでそこも楽しめましたね。
使いやすいキャラはやっぱりアドル。
最初はアドルばっかり使っていました。
後半はダーナとサハド。
ダーナも使いやすく、何より好きなキャラクターだったので。
サハドはまぁ攻撃力のために。

ストーリーは中盤までは脱出のためにセイレン島の探索が中心。
探索しながら漂流者を発見したり。
その為、話的にはそんなに面白くはないかなぁ
ちょくちょくダーナの話が入るのでそこは良いのですが。
本番はダーナが使えるようになる第五部からですね。
ダーナセイレン島の過去がわかり、話も面白くなっていきます。
もう正直ダーナが健気すぎてね。。。
可哀相なんだけど可愛いし何なのっていう。
こんな良いキャラなかなかいないよ。
そりゃ女神にもなるわ。
f:id:yahen:20180909111037j:plain
守りたいこの笑顔…。

本当はもう1周くらいやりたいんだけどまだまだ積みゲーがある。
合間合間に残したクエストとかはやろう。
そしてイース9を待つ。

中島愛 「知らない気持ち/Bitter Sweet Harmony」スペシャルイベント

9月15日山野ホールで行われた中島愛さんのイベントに行ってきました。
今回のイベントはタイトル通り、8月1日に発売になったシングル「知らない気持ち/Bitter Sweet Harmony」の購入者抽選イベント。
ライブやファンクラブイベントは何回も行ってるけどシングルの発売イベントに参加するのは実は初めて。
整理番号は200代だったので5列目の上手あたりでまぁまぁ見やすいイスにすわる。

16時になってイベント開始。
内容は「プレミアムライブ&本人による特典お渡し会」。
ライブは最新シングル+αでセットリストは下記。

  1. Bitter Sweet Harmony
  2. 知らない気持ち
  3. ポラリス
  4. 悲しみと共に
  5. Odyssey
  6. サタデー・ナイト・クエスチョン

「Bitter Sweet Harmony」MVの衣装でした。
MV好きでこの衣装もめちゃくちゃ可愛いので生で見れて良かったです。
今回のシングルだと個人的には「Bitter Sweet Harmony」、「ポラリス」が特に好きです。
「Bitter Sweet Harmony」は盛り上がって、「ポラリス」は楽しんで、「知らない気持ち」「悲しみと共に」はじっくり聴くという感じ。
「Odyssey」は秋っぽいということもあり、まめぐさんが歌いたいからという選曲。
シングル曲でないとなかなか聞く機会ないので貴重。
サタデー・ナイト・クエスチョン」はもちろん土曜日だからという選曲。
青いペンライトで盛り上がります。
自分はペンライト忘れましたが、盛り上がりました。
6曲でしたが久しぶりのライブだったので大満足です。
やっぱり歌っている姿を見るのは良いです。最高。

特典お渡し会はまめぐさんから一人一人に直接。
始まる前に司会の方が「今回はお渡し会で人数も多いので、、、たくさん話したいと思いますが、、、、その、、、宜しくお願いします。」という注意があり会場に笑いが起こる。
なので基本的にはまめぐさんが「ありがとうございます。」と言いながら特典を渡すので受け取って終わりですね。
ファンクラブイベントの案内が事前にあったので、自分は受け取った後に「恵比寿楽しみにしています。」と伝えました。
こんな間近で見るのは数年ぶりでしたが、まぁ間近で見ると可愛すぎてびっくりします。
イベント自体は1時間くらいで終了。

シングル買った人向けのイベントなのでゆるい感じでまったり過ごせました。
登場時にマイクのコードが絡まったり、合間のMCも安定した楽しさでいつも通りのまめぐさんでした。
Zeppのライブ以来だったので半年ぶりですかね。
次はファンクラブイベントかな。