感想と愚痴と…

乃木坂46とアニメとユヴェントスと中島愛が好きです。

イースVIII -Lacrimosa of DANA- (Vita)

少し前に本編をクリアした。
昨年の11月に『WHITE ALBUM2』をクリアしてからちょくちょくプレイし始めて途中数ヶ月放置してたこともありようやく。
エストも漂流者もマップもまだまだだけど取りあえず真エンディングでした。
f:id:yahen:20180909111059j:plain
PS4だと真エンディングでも違う絵があるみたいですね。

イースシリーズはPSPの7以来だったので、システムがどう変わったかもよくわからず…。
ただイースらしい爽快感のあるアクションARPGでした。
ボタン連打で頃合いを見てスキル発動でもいいんですが、硬い敵にはフラッシュムーブ、フラッシュガード 等を駆使することでよりアクション性が増すのでそこも楽しめましたね。
使いやすいキャラはやっぱりアドル。
最初はアドルばっかり使っていました。
後半はダーナとサハド。
ダーナも使いやすく、何より好きなキャラクターだったので。
サハドはまぁ攻撃力のために。

ストーリーは中盤までは脱出のためにセイレン島の探索が中心。
探索しながら漂流者を発見したり。
その為、話的にはそんなに面白くはないかなぁ
ちょくちょくダーナの話が入るのでそこは良いのですが。
本番はダーナが使えるようになる第五部からですね。
ダーナセイレン島の過去がわかり、話も面白くなっていきます。
もう正直ダーナが健気すぎてね。。。
可哀相なんだけど可愛いし何なのっていう。
こんな良いキャラなかなかいないよ。
そりゃ女神にもなるわ。
f:id:yahen:20180909111037j:plain
守りたいこの笑顔…。

本当はもう1周くらいやりたいんだけどまだまだ積みゲーがある。
合間合間に残したクエストとかはやろう。
そしてイース9を待つ。

中島愛 「知らない気持ち/Bitter Sweet Harmony」スペシャルイベント

9月15日山野ホールで行われた中島愛さんのイベントに行ってきました。
今回のイベントはタイトル通り、8月1日に発売になったシングル「知らない気持ち/Bitter Sweet Harmony」の購入者抽選イベント。
ライブやファンクラブイベントは何回も行ってるけどシングルの発売イベントに参加するのは実は初めて。
整理番号は200代だったので5列目の上手あたりでまぁまぁ見やすいイスにすわる。

16時になってイベント開始。
内容は「プレミアムライブ&本人による特典お渡し会」。
ライブは最新シングル+αでセットリストは下記。

  1. Bitter Sweet Harmony
  2. 知らない気持ち
  3. ポラリス
  4. 悲しみと共に
  5. Odyssey
  6. サタデー・ナイト・クエスチョン

「Bitter Sweet Harmony」MVの衣装でした。
MV好きでこの衣装もめちゃくちゃ可愛いので生で見れて良かったです。
今回のシングルだと個人的には「Bitter Sweet Harmony」、「ポラリス」が特に好きです。
「Bitter Sweet Harmony」は盛り上がって、「ポラリス」は楽しんで、「知らない気持ち」「悲しみと共に」はじっくり聴くという感じ。
「Odyssey」は秋っぽいということもあり、まめぐさんが歌いたいからという選曲。
シングル曲でないとなかなか聞く機会ないので貴重。
サタデー・ナイト・クエスチョン」はもちろん土曜日だからという選曲。
青いペンライトで盛り上がります。
自分はペンライト忘れましたが、盛り上がりました。
6曲でしたが久しぶりのライブだったので大満足です。
やっぱり歌っている姿を見るのは良いです。最高。

特典お渡し会はまめぐさんから一人一人に直接。
始まる前に司会の方が「今回はお渡し会で人数も多いので、、、たくさん話したいと思いますが、、、、その、、、宜しくお願いします。」という注意があり会場に笑いが起こる。
なので基本的にはまめぐさんが「ありがとうございます。」と言いながら特典を渡すので受け取って終わりですね。
ファンクラブイベントの案内が事前にあったので、自分は受け取った後に「恵比寿楽しみにしています。」と伝えました。
こんな間近で見るのは数年ぶりでしたが、まぁ間近で見ると可愛すぎてびっくりします。
イベント自体は1時間くらいで終了。

シングル買った人向けのイベントなのでゆるい感じでまったり過ごせました。
登場時にマイクのコードが絡まったり、合間のMCも安定した楽しさでいつも通りのまめぐさんでした。
Zeppのライブ以来だったので半年ぶりですかね。
次はファンクラブイベントかな。

「知らない気持ち」 /「Bitter Sweet Harmony」 /中島愛

知らない気持ち / Bitter Sweet Harmony

収録曲

01. 知らない気持ち(TVアニメ「かくりよの宿飯」EDテーマ)
作詞・作曲:シンリズム 編曲:シンリズム、高野 勲
02. Bitter Sweet Harmony(TVアニメ「すのはら荘の管理人さん」OPテーマ)
作詞・作曲・編曲:kz
03. ポラリス
作詞・作曲:シンリズム 編曲:シンリズム、高野 勲

Bitter Sweet Harmony / 知らない気持ち

収録曲

01.Bitter Sweet Harmony (TVアニメ「すのはら荘の管理人さん」OPテーマ)
  作詞・作曲・編曲:kz
02.知らない気持ち (TVアニメ「かくりよの宿飯」EDテーマ)
  作詞・作曲:シンリズム 編曲:シンリズム、高野 勲
03.悲しみと共に (TVアニメ「重神機パンドーラ」挿入歌)
  作詞:岩里祐穂 作曲:H ZETT M 編曲:H ZETTRIO

ミュージックビデオ

www.youtube.com

中島 愛ファンクラブイベント「あなたと愛と」

12月2日にラフォーレミュージアム原宿で行われた中島愛さんのファンクラブイベントに参加してきました。
中島さん復帰後初めてのファンクラブイベントですね。
休止前も勿論ファンクラブ入っていただんだけど、ファンクラブイベントは同じくラフォーレでやった初回だけの参加だったかな。
なので久しぶりです。
前はスタンディングだったけど今回は座席指定でした。
だんだんとスタンディングはキツくなってきたので助かりましたw
位置は15列目くらいの上手側なので結構後ろでした。

ほぼ定刻通りにイベントスタート。
まめぐさんは、最新シングル『サタデー・ナイト・クエスチョン』のジャケット・MVの青い衣装でした。
確かに恐竜っぽさを感じましたw
まずは、2017年の思い出ということで3つ。

ツイッター!』は復帰することをTwitterで告知して、どれくらい反応があるんだろうと思っていたら1万以上の反応がありありがたかったという話。
今でもTweetする際は反応が気になるらしいので、『いいね』を押そうと思いますw
『こけた!』は6月のライブの登場で転びそうになったこと。
いや、あのもたすきは気づくよね。
『松本先生!』は作詞家の松本隆
もちろん、『星間飛行』の作詞の担当で『 風街ガーデンであひませう』で再開した話。
星間飛行』当時以来らしいですが、たしかにそんなに会う機会なんてないよね。
初めて松本さんに会ったときは、急に菅野よう子さんに当日言われたらしく、その菅野さんのモノマネがなかなか面白かったw

次はWEBラジオの公開収録。
まぁこれはファンの人達からのメールを読むものなのでまぁいいでしょう。

そして12月ということもあり、クリスマスに言われたい台詞をまめぐさんに言ってもらえるというもの。
台詞は入場時のアンケートで募集していてその中からピックアップ。
こういうので面白い台詞を考えられるようになりたが…。
このコーナーでトークは終わり、まめぐさんはお色直し。

まずはバンドメンバーが準備して、まめぐさん再登場。
待ちに待ったライブです。
しかもアコースティック。
セットリストもレアですね。

『アイモ~鳥のひと』はランカの代表曲でもあるけど確かにもうなかなか歌う機会ないですね。
ただ、自分もこの曲は凄く好きです。
初期のまめぐさんのストレートなボーカルが好みでかなり聴いてました。
あとこの曲は『マクロスF』10話で流れるんだけどこの回も好きなんですよね。
マクロス ゼロ』が好きなので。

『ランカの「くつしたのうた。」』なんて生で聴いたのはおそらく2回目じゃないかな。
1回目は7年前のクリスマスの超時空スーパーライブ。
クリスマスの時期ということでの選曲だったけどこれもレアですね。
クリスマス曲だと同じアルバムに収録されている『Songbird』の方がまだ聴くね。

そしてスーパーレアな『ホシワタリ』。
これはアニメ『バスカッシュ!』のキャラソン・挿入歌。
バスカッシュ!』のアニメ自体はそれほど良いものじゃなかったけど(自分は好き)、曲は素晴らしいです。
自分は劇中のアイドル『エクリップス』のシングル・アルバム全て持ってます。
ただ、アルバムの『アイドル・アタック!』は今でも聴くんだけど、シングルはもう数年聴いてなかった。
『ホシワタリ』懐かしい。。。
バスカッシュ!』も売れたらエクリップスのライブやったんだろうなぁ。
ほんとに曲もメンバーも素晴らしいので残念。
今からでも遅くないからやってほしい。

Negiccoの『ルートセヴンの記憶』も懐かしい。
Negicco自体そんなに聞かなくなってるので。
アルバムも『Rice&Snow』で止まってるし。
ちゃんと追いかけないとなぁ。
それにしても『ルートセヴンの記憶』の選曲は渋いですね。

『わたしにできること』も1stアルバム収録なので7年くらい前ですか。
宮川弾さんの曲。
中島さんは宮川さんの曲を数曲歌っているんけどどれも良い組み合わせだと思うのでまたぜひ。

『愛の重力』はバンマスのチャッピー大先生こと西脇さんの楽曲。
この曲をアコースティックで聞けるとはね。
意外でした。
最後は最新シングルから『はぐれた小鳥と夜明けの空』を。
みんなで手拍子。

ライブ後は告知。
4thアルバムの発売と東名阪ツアー開催。
アルバムも新曲多いらしいの楽しみですが、やっぱりツアーでしょう。
前回のツアーは2ndアルバムの時ですから。
名古屋、大阪、東京とZeppまわったなぁ。
今回も全部行きたいけどちょっと厳しそう…。
東京は確実に行ける。
名古屋は金曜だから休めば日程的にはOK。
大阪は日曜か。しかも4/1だから翌日休めないから無理かな。
まぁ名古屋、東京行ければいいでしょう。

何年ぶりかのファンクラブイベントだったけどやっぱり楽しかったです。
中島さん変わったところも勿論あるんだろうけど変わらないですね。
それとイベントあって、次のイベントやリリースが発表されるのがまた良い。
元気づけられるというか。
これからも半年に一度くらいの間隔でイベントあるといいですね。

WHITE ALBUM2 幸せの向こう側(Vita)/アクアプラス

今年の1月からプレイし始めついにクリア。
いやー長かった。
プレイ時間は50時間超えているでしょうw
こんなにも時間掛かるとは思わなかった。

PC版はやっておらず、アニメは見ていたけどほとんど流し見だったので新鮮に楽しめた。
クリアした順番は下記の通り。

  1. closing chapter小木曽雪菜エンド
  2. coda雪菜エンド
  3. coda浮気エンド
  4. 不倶戴天の君へ
  5. codaかずさエンド
  6. codaノーマルエンド
  7. closing chapter杉浦小春エンド
  8. closing chapter和泉千晶ノーマルエンド
  9. closing chapter和泉千晶エンド
  10. closing chapter風岡麻理エンド
  11. closing chapterノーマルエンド 
  12. デジタルノベル・ボイスドラマ

サブヒロインたちのストーリーも悪くはないけど、やっぱりcodaが本番でしょう。
closing chapterの雪菜エンドでこじれにこじれた雪菜と春希がようやく解消したのによくもまぁcodaみたいなストーリー作るなぁとw
メインヒロインどっちが好きかって言ったら自分は圧倒的に雪菜。
エンディングとして好きなのは、浮気エンド→雪菜エンド→かずさエンド→ノーマルエンド。

春希にとってのヒロインはまぁ間違いなく、かずさですよね。
これはintroductory chapterですでに決定的かつ不変な訳で。
codeに入ってからもプレヤーがコントロールできない春希の言動は、かずさ>雪菜というのが基本。
そんな中どうにか自分は、春希を雪菜の方に戻そうと頑張ったわけですw
ただ、春希のヒロインがかずさでも、『WHITE ALBUM2』という作品のヒロインが誰かっていうとやっぱり雪菜かな。
closing chapterからは春希と雪菜の物語ですから。

雪菜が好きなわけだけど雪菜エンドはちょっと出来過ぎかなと思う。
雪菜がintroductory chapterの頃から言ってた、いつまでも3人でというのを見事に達成したのが雪菜エンド。
ただこのエンディングは雪菜はあまりに超人だし、かずさはあまりに切ない。
確かにかずさは母親がいるエンディングだけどそれでも生殺しでしょう。

浮気エンドは誰もが傷つくエンディングなのでバランスが良い。
あとは春希に感情移入しやすいかな。(したくないけどw)
だって雪菜みたいな可愛い彼女がいても、高校自体に好き同士だった女性がとんでもなくキレイになって目の間に現れたら仕方ないでしょうw

かずさエンドは春希とかずさの関係を考えるとちょっと順当すぎる。
春希のヒロインはかずさなんだから。

ノーマルエンドは正直どうでもいいです。

サブヒロインのエンドはcodaのエピソードを全てやった後だからか物足りない。
蛇足とは思わないけど特別物語に厚みを付けたとも思わないので。
小春エンドは唯一可能性があるかなと思います。
春希に似ているからこそ。

ほんとに長い時間プレイしました、想定外ですw
ただそれ以上にこんなにも濃いストーリーとは思わなかった。
春希はクズだと思いますが、クズだからこそ傑作になったのも事実w
武也の方がよっぽど人として信用できますよ。
と言うか武也はかっこいいわ。
あとデジタルノベルに出てくる友近は不憫すぎた。

それにしてもギャルゲーやったの何年ぶりですかね。
他のゲームやった後にまたギャルゲーやろう。

サタデー・ナイト・クエスチョン/中島愛

収録曲

01.サタデー・ナイト・クエスチョン 作詞:加藤慎一 作曲:山内総一郎 編曲:フジファブリック
02.はぐれた小鳥と夜明けの空 作詞:ボンジュール鈴木 作曲:ボンジュール鈴木、Tomggg 編曲:Tomggg

メアリと魔女の花/米林宏昌

連休中に見てきました。
事前情報はほとんどなく、監督が米林さんってことと、スタジオポノックの長編1作目ということくらい。
米林監督の作品は『借りぐらしのアリエッティ』は見たことありますね。

個人的には凄く楽しめた作品。
壮大なストーリーというわけではないけど、1日魔女を1時間40分できっちり表現していたと思う。
魔法による遊び的な部分があるとより良いんだろうけど魔女になるのは1日だけですからね。
コンセプト的にそこを描いて冗長になるは違うと思うし。

やっぱり演出や画面作り的にはジブリとですねw
ただそこはあえてやってるのだから批判するのは違うかなと思います。
だって米林監督のバックボーンがジブリであり、そこで2作監督しているんだから。
それに『メアリと魔女の花』を見る人は、それ(ジブリ的)を期待しているでしょ。

アニメーション的にも素晴らしい。
冒頭からよく動き濃密な作画。
原画のメンツ見たらまぁジブリですよw
それゆえトップアニメーターなわけで。

鑑賞後に知ったんですがキャッチコピーが「魔女、ふたたび。」なんですね。
勿論『魔女の宅急便』なんでしょうけど。
メアリとキキじゃ全く違いますよね。
作品としてのコンセプトも違う。
ただ魔女つながり。
メアリと魔女の花』の方が低学年向けですかね。

米林監督、スタジオポノックには次回作も期待したいです。