読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想と愚痴と…

乃木坂46とアニメとユヴェントスと中島愛が好きです。

劇場版ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-/伊藤智彦

アニメ 映画

公開早々見たかったけどやっと見ました。
アスナのおっぱいが素晴らしかったです。
ユナも可愛かった。
ユナ役は神田沙也加でさすがに上手い。
梶浦曲歌っているけど誰が歌っても梶浦曲ですなw
ドラマ的にもSAOだし、アクションも派手で見応えありました。
ちょっとカットが多かった気もしますが。
また続編テレビでやるでしょうから楽しみにしています。

それにしてもキリト君は勝ち組すぎるだろ。
アスナはしっかりしているし可愛いしおっぱい大きいし金持ちだし。

f:id:yahen:20170312003415j:plain
色紙は良い組み合わせだった。

虐殺器官/村瀬修功

映画

2月4日に早速見てきました。
「Project Itoh」の三部作の三作目。

虐殺器官』は原作小説は既読済みですね。
ただ、原作読み終わったとき思ったのが、映像化してもそんなに面白くないだろうなということ。
その予想はまぁ当たった漢字なのかな。

ストーリーは確かに『虐殺器官』で、よく2時間にまとめられていたと思う。
ただキャラクターのバックグラウンドや世界観がほとんど描かれていない。
主人公のクラヴィスの思考、行動が映画だけの情報だとわかりづらい。
ラヴィスの掘り下げがないからジョン・ポールとの対比もピンとこない。
「『虐殺器官』はこういう話ですよ」っていう説明にだったら良い映画だけど、伊藤計劃の小説の映像化っていうことだとちょっと違うかなと思います。
なので原作を読んだ方が良いです。
アクションや兵器等の描写は原作読んだときのイメージに近い感じだったのでそこは良かったですね。
あと声優の声のイメージも良かった。
特に小林沙苗さんの声をがっつり聞けたのは久しぶりだったので。

でもまぁ制作上のドタバタがあったにも関わらずよく完成しましたね。
ちゃんと公開されて見れただけでも嬉しいんですが。
『ハーモニー』はまだ見てなく、録画したのでそのうち見よう。
原作を先に読みたいんだけど…

傷物語Ⅲ 冷血篇/新房昭之・尾石達也

アニメ 映画

早速見てきました。
感想書き終わる直前にPCが落ちた…。
もう一度書く気にはならないので気になったことを箇条書きで。

  • 80分と今まで一番長いが一番短く感じた
  • 忍野はどうやってキスショットの心臓を抜き取ったんだ
  • 登場キャラ基本良い奴すぎ
  • 見せ場は羽川のおっぱいと超人運動会
  • おっぱいは正義
  • 超人運動会は見せ方も作画も素晴らしい
  • 梅津さんのパートはおそらく競技場でキスショットが横たわってるあたり。横顔的に
  • 時間軸を入れ替える演出をインタビューで尾石さんが話しているけどやっぱりいらないと思う
  • 冷血篇自体は面白かった
  • だからこそ鉄血、熱血が余計に冗長
  • 3部作じゃなくて2部作で鉄血+熱血で80分くらいでサクッとみたい

傷物語のアニメ化が発表されてから6年以上ですかね。
絶対完結しないと思っていましたが。
まぁ流石に時間かかり過ぎですが、完結して良かったです。
これでやっと尾石さんがテレビアニメやってくれると思うとね。

2016年読んだマンガ

漫画

2016年に読んだ(買った)コミックスが計156巻。
作品数は67タイトル。
個人的にオススメは
年末に積んであるの一気に片付けてたけどまだまだ…。
マージナル・オペレーションやベアゲルターetc.
そもそもジョジョリオンを一冊も読んで無いっていうね。
おそらく2年以上読んでないはず。
まだまだ読んでないのありますねー。
読みたい作品なんて山ほど。
あとここ2-3年くらいの作品はほぼKindleです。
場所を取らなくて素晴らしい。

乃木坂46「サヨナラの意味」全国握手会@幕張メッセ 11/23

アイドル 握手会

11月23日に幕張メッセで行われた乃木坂46の握手会に行ってきました。
握手会は1月の個別握手会以来ですね。
全握は、10thシングル『何度目の青空か?』以来だったので2年ぶり。
正直握手会にはもうほとんど興味を失っているのですが、橋本奈々未さんが卒業ということだったの行きました。
一人じゃ行かなかったんだろうけど友達に誘われたので。

全国握手会なので午前中にミニライブがあるんだけど、混んでてまともに見れないと思っていたので回避。
目的はななみんですし。
幕張で友達と待ち合わせて食事。
その後12時前から握手会の列に並ぶ。
まだミニライブやってる時間だけどかなりの人数が並んでいましたね。
幕張メッセの外で数時間並び、会場内の手荷物検査が終わったのが1時45分頃。
そのままななみんレーンへ。
今回のレーンは下記。

【全20レーン】
●第1レーン:橋本奈々未
●第2レーン:西野七瀬
●第3レーン:白石麻衣
●第4レーン:齋藤飛鳥
●第5レーン:衛藤美彩
●第6レーン:秋元真夏
●第7レーン:若月佑美
●第8レーン:川村真洋×桜井玲香
●第9レーン:新内眞衣×堀未央奈
●第10レーン:高山一実×樋口日奈
●第11レーン:伊藤万理華×渡辺みり愛
●第12レーン:井上小百合×鈴木絢音
●第13レーン:生駒里奈×相楽伊織
●第14レーン:能條愛未×松村沙友理
●第15レーン:星野みなみ×山﨑怜奈
●第16レーン:佐々木琴子×中元日芽香
●第17レーン:北野日奈子×斎藤ちはる
●第18レーン:川後陽菜×寺田蘭世
●第19レーン:中田花奈×和田まあや
●第20レーン:伊藤かりん×斉藤優里

http://www.nogizaka46.com/news/2016/11/16th-5.php

10thの時なんてソロレーンなかったな…。

ななみんレーンは、1時45分の時点で6列ぐらい出来ていました。
列も9-11ホールぶち抜きですから長い。
それが6列だからすでに何人いるんだっていう。
はじめは列の進み具合がかなり遅く、一往復するのにゆうに1時間以上掛かっていましたね。
このペースだと握手するには6時すぎるんじゃないかっていう絶望感に…。
友達と並んでいたけど途中から並び疲れて会話もない状態w
ただ4時前からペースも上がり、5時すぎに自分の順番に。

  • 卒業についての挨拶

1stのよみうりランドでの握手会のこととお疲れ様と。
さすがにそんなに時間はありませんでしたが、2往復くらい会話できましたね。
「ありがと」って言われたけどこっちの方がですよ。
やっぱり美人です。
多分学生の頃だったらななみんイチ推しになっていたと思いますw

続いて桜井キャプテン目当てで 第8レーンへ。
列もなく、すぐに自分の順番に
まずはろってぃー。

  • パフォーマンス

ろってぃーはかなり久しぶりだったので、パフォーマンスとライヴの話を。
でもクリスマスライヴ行けないんだよね…。
続いてキャプテン。

見に行った舞台の話を。
ブログに書いてないけど『松子』と『じょしらく弐』はキャプテン目当てで見に行きました。
どちらも素晴らしい。
もっと舞台やって欲しいですね。
歌、ダンスも巧いからミュージカルが見たい。
キャプテンとの握手は1stのよみうりランド以来じゃないですかねw

続いて 第7レーンへ。
若月さんのソロレーン。
こちらも数分ならんで順番に。

こちらも『松子』の話。
若月さんも3年ぶりくらいの握手。
かなり前なので前回あまり覚えてないですが。
表情豊かで楽しいです。

最後は、 第9レーンへ。
ここはかなり並びましたね
休憩含めて1時間半以上かかったかな。
まずは新内さん。

  • 選抜おめでとうと水泥棒

新内さん初めてです。
きれいですね。
社内にいたらモテるでしょう。
対応も素晴らしい。

堀さん

  • 嫌な奴!嫌な奴!嫌な奴!

堀さんも初めて。
ネタを振って『耳をすませば』をやってもらいました。
透明感すごいですね。
久しぶりの福神ですが、まだまだこれからのメンバーでしょう。

久しぶりの握手会でしたが、人多すぎですね。
12時前から並んで終わったのが7時半すぎですからね。
4枚消化するのに7時間30分以上掛かってる。
まぁななみん最後だったから仕方ないですが、次は卒業メンバー行くのはないな。
いくちゃんは別ですがw
いくちゃんいないのが残念でした。
17thもいくちゃんいないだろうなぁ。
久しぶりでしたが楽しかったです。
ただ10thの時から書いてますが、全握は2回に分けるべきでしょう。
一人回る人は大変ですよこれ。

おかえり!

中島愛


お久しぶりです、中島 愛です! | 中島 愛 Official Website

君の名は。/新海誠

アニメ 映画

8月に公開してすでに3ヶ月…。
やっと見ました。
新海作品は映画に関しては全て見ていて、他の映像作品もほとんど見ていますね。
やっぱり『ほしのこえ』は衝撃だったし、minori作品のOPも別格だった。
新海さんの映画では、初期の『ほしのこえ』『雲のむこう、約束の場所』、『秒速5センチメートル』はまさしく新海作品なんです。
次の『星を追う子ども』はちょっと違う。
多分、当時自分を含めて『星を追う子ども』に肯定的だった新海ファンはそれほど多くなかったと思う。
いわゆるジブリ作品等、昔からの日本アニメだった。
だけど2011年にあれは古かったと思うし、設定・表面上のみジブリだった。
正直がっかりした。
前作の『言の葉の庭』は、余分なモノを排除した二人の物語で、画面も凝りに凝った新海アニメ。
そして、今作はこれまで5作の要素がバランス良く入っていると感じた。
新海さんはSFを使って二人の距離を描くことが多い。
今回もその通りで時間のズレを使っていますね。
ほしのこえ』も時間遅延の演出だった。
御神体あたりは、『星を追う子ども』を思い出すファンタジー的な要素。
他にも旧作の要素をうまく使っていますね。

今までの作品と違うと感じたのは構成ですね。
これまでって基本的には最初から最後まで同じテンポ・雰囲気だった。
君の名は。』は前半はTSFを使ってかなりキャッチーですよね。
ドタバタして面白いし、映像面でもキャラクターの振れ幅が広い。
隕石落下して物語の核心になるあたりからはそれまでとガラリと変わる。
このギャップはあまりなかったかなと思います。
これが出来たのは田中さんのキャラクターだからってのもありますね。
心が叫びたがってるんだ。』の時も書いたけど、田中さんのキャラクターって生っぽいんですよ。
キャッチーであり、リアルでもある。
演出や動かし方でどちらにも行けるというか。
特に作監が安藤さんですしね。
それにしても新海作品で沖浦さんや松本さん、黄瀬さんが参加するとはねw


作品の感想としてはとても楽しかったです。
なんだかんだ自分はキャッチーなものが好きだし、新海作品が好きなので。
新海作品って正直キャラクター気にしたことなかったけど瀧くんと三葉ちゃんは魅力的だった。
特に三葉ちゃんにはやられましたw
三葉ちゃんと四葉ちゃんの口噛み酒を飲み干したい!


新海誠が興行収入200億円近くも売り上げる作品作るなんて誰が予想した…。
わからないものですね。