読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想と愚痴と…

乃木坂46とアニメとユヴェントスと中島愛が好きです。

屍者の帝国/牧原亮太郎

TOHOシネマズ日本橋で見てきました。
映画の内容の前情報は無しです。
伊藤計劃作品は、『虐殺器官』は既読、『ハーモニー』は読んでる途中です(半年以上積んでるある)。
屍者の帝国』は全く何も知らない状態。

内容はスチームパンクロードムービー的に世界各地を回る。
死者をインフラとして活用している世界というのはかなり気持ち悪いですね。
特に世界観が産業革命後のスチームパンクなんで近未来SFと違い、より生々しい。
自分は血とか全くダメなので、冒頭の手術?シーンは結構キツかったw
スチームパンクの魅力ってやっぱりギミックになると思います。
スチームパンクやる際、ギミックに拘り過ぎるということはないと思うので、物凄く拘って欲しいところ。
なのでこの映画もなかなか面白かったです。
画的な話だと終盤はどうも物量勝負というか、画面を派手にするかという感じになっていたかな。
確かに派手ではあるんだけど濃いかというとそういうわけではないのがちょっと残念だった。
大量の屍者の3DCGは気持ち悪さが良く出ていたw

ストーリーではロードムービーみたいにいろいろと回るんだけど、それがあまり必要と感じなかった。
原作ではそこらもちゃんと書かれているんだろうけど、映画ではかなり端折っているように思った。
映像的なことを抜くと1クールでTVで作ったほうが良い題材かもしれない。
やっぱり後半は大雑把な展開になってしまっていた。

キャラはハダリーが好きですね。
人造人間で表情が乏しいのが逆に良い。
あとなんといってもスタイルが理想的ですねw
素晴らしいおっぱいです。

監督の牧原さんは劇場版のドラえもん等アニメーターの印象がやっぱり強い。
演出だと『四畳半神話大系』がめっちゃ濃かったなぁ、湯浅作品だからそもそも濃いんだけど更に濃いw

映画もなかなか面白かったので原作も読もうと思うけど来月には『ハーモニー』公開されるのか。
先に『ハーモニー』読んでからかな。
それに『虐殺器官』はどうなるんだ?


屍者の帝国 河出文庫
屍者の帝国 河出文庫