読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想と愚痴と…

乃木坂46とアニメとユヴェントスと中島愛が好きです。

乃木坂46公演「16人のプリンシパルdeux」5月12日(一部)

アイドル イベント 16人のプリンシパル

赤坂ACTシアターで行われた乃木坂46の公演「16人のプリンシパルdeux」(5月12日13時開演)を見に行って来ました。
初日5月6日(二部)5月10日5月11日(二部)に続いての5回目。
赤坂に行くのもなれましたね。
座席は、1階の後ろから5列目あたりの下手側かな…。
まぁそんなに端でもなかったので良かったです。


第一幕開始。
まずは背筋、発声練習、ダンス。
そしていつも通りに生ちゃん、なーちゃんを中心に見る。
というかこの2人しか見ていないw
今回の立候補は


固まりましたねー。
そして栄役は立候補者なし。
前日まで連続で立候補して演じられていなかったキャプテンとせいらりん…。
なんとも運が悪い。
今回も1回目は二幕で演じるシーンの演技、2回目はアドリブ。
全メンバーの演技を見たら投票。
自分が投票したのは

野木緋咲子役:衛藤美彩
野木芙咲子役:生田絵梨花
野木美咲子役:高山一実
いつみ役:伊藤万理華
今和洋子役:大和里菜
北嶋文目役:能條愛未
栄役:桜井玲香
今和誠一役:斎藤ちはる
明田川太郎役:若月佑美
沢村小坊主役:畠中清羅

緋咲子役のアドリブは、暴れいる美咲子役立候補者を大人しくさせて一言。
大声出したり、暴力で解決したりといろいろありましたね。
美咲子役立候補者一人一人の話をきいて静かにさせたみさみさがさすがでした。
1回目の演技もやり慣れてるし、みさみさに投票。



芙咲子役のアドリブは、芙咲子の理想の結婚式を自分で説明しながら演技し、途中でアクシデントが発生する。
真夏は忘れましたが、まいやんは途中で背中が痒くなる、生ちゃんは足の指が痒くなるだっけな。
こういう一人芝居させたら生ちゃんは抜群に巧いです。
頭一つじゃ足りない。それくらい飛び抜けている。
1回目の演技はまいやん生ちゃんともに良かったです。
ただあまりにも演技内容が短すぎる。
あれで判断しろってのは無理でしょ。
アドリブが素晴らしかった生ちゃんに投票。


美咲子役のアドリブは、プレゼントを渡されたらスイッチが入り演技を変えて、最後に元に戻って「いぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい」って叫ぶ。
みんな結構グダグダだったかなぁ。
かずみんが1番マシという感じ。
1回目の演技だとゆったん、かずみんあたりかな。
なのでかずみんに投票。


いつみ役のアドリブは、いつみが生まれてからこれまでの話をして最後に決め台詞。
1回目の演技だとまりっか、キャプテン、ななみんあたりが良かったです。
アドリブもこの3人が巧かった。
迷ったけど今まで見たいつみとは違ういつみが見れそうだったまりっかに投票。
ここのメンバーはみんな演技長すぎw


洋子役のアドリブは、あいうえお作文か何かだっけな。
あまりに酷い出来で忘れました。
選択肢が無いのでトマトに消極的投票。


文目役のアドリブは、指定された演技をした後に気持ちいいといい、通りすがりの人にそれを説明?
1回目の演技はひめたんかあみあみ。
アドリブは、あみあみが良かったので投票。


栄役は立候補者なし。
いつみ役のアドリブも良かったし、前日の栄役の一幕も良かったのでキャプテンに投票。


誠一役のアドリブは、誠一としてファッションショーに出て事前に指定されたことを5、6個やる。
ちはるが1回目の演技、アドリブとも良かったので投票。
斎藤家の歌はいいねw


明田川のアドリブは、ダンスを行なって決め台詞かな。
まぁ普通に若月に投票です。


小坊主のアドリブは、声の届かないくらい遠くにいる美咲子をどうにか気づかせるという演技。
1回目の演技はまぁどちらも変わらず。
アドリブは、せいたんのほうがまだ良かったかな。
なのでせいたんに投票。


実際に選ばれた16人は


自分が選んだメンバーが10役(栄除く)で選ばれたのは8人。
外したのは、いつみかな。
いつみは、友人はななみんに入れてたし結構混戦だったのかな。
キャプテンが選ばれたけどまぁ納得ですね。
最後に演技してきれいに〆てくれていましたし。


そして二幕へ。
配役的にもあっているメンバーが多かったので見ていて楽しかったですね。
前日見たものとは別物かというくらい。
まぁ演者が違うんだから別物なんだけど。
二幕終了後は2期生のヤングチーム7名の紹介とミニライヴ。


今回の公演で気になったメンバーを

  • 生田絵梨花
    • 正直芙咲子役は年齢的に厳しい部分もあったと思います。特に一幕の一回目の演技。
    • ただそれを感じさせられないくらいアドリブは素晴らしかったです。
    • ちゃんと芙咲子としてアドリブを行い、観客に対して盛り上げるところも作り、きっちり最後までやり切る。
    • 二幕での見せ場としてはやっぱり誠一とのデュエットシーンでしょうか。
    • 君の名は希望』ですが、まぁさすがに巧く、響く歌声でした。
    • やっと生ちゃん歌声を聞けたなぁ。
    • それだけで満足ですw
  • 伊藤万理華
    • 大混戦だったであろういつみ役。
    • 投票しましたが残念でした。
    • まりっかはアドリブで苦戦していことが多い印象でしたが、今回はそんなことはなく素晴らしかったです。
    • 他のメンバーがやってきたいつみとは違う感じになりそうで期待していたんですが。
  • 衛藤美彩
    • また10役。
    • しかも長女役ですからね。
    • 一幕、二幕共に素晴らしい。
    • 自分の中では緋咲子役と言ったらみさみさ見たいな感じになってきている。
  • 斎藤ちはる
    • やっとちはるんの誠一を見ました。
    • あのとぼけた感じの誠一はちはるんのものですね。
    • 面白くなりすぎず、天然っぽい爽やかな誠一。
    • 生ちゃんとのデュエットも良かった。
    • ハマり役です。
  • 高山一実
    • まぁ変わった美咲子でしたね。
    • かずみんにしかできない美咲子です。
    • 二幕ではギャップに笑ってしまいましたが、可愛らしさも出ていたと思います。
  • 西野七瀬
    • 個人的には初めて10役の女役を二幕で見れかもと思ったのですが。
    • まぁ長女役でみさみさがいるので厳しかったですね。
    • あれでは投票は難しかったです。
    • 全然下手でも悪くもないんですが。
    • うーん、これでなーちゃんの10役の女役を見る機会はなくなりました…。
    • 千秋楽は明田川役だと思っていたので。

他は、まぁやっぱりあみあみが巧かったです。
若月の明田川は無理に作り過ぎかなぁ。
トマトの洋子役もイメージとは違う感じ。


最終日の昼公演。
なかなか満足度の高い二幕でした。
会場から出たら16時過ぎてて、千秋楽の開演まで1時間切ってるw
メンバーほとんど休憩なしかぁ凄いなぁ。
自分は腹ごしらえへ。
今回はちはるんと生ちゃんが素晴らしかったです。
ナイスなデュエットでした。