読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想と愚痴と…

乃木坂46とアニメとユヴェントスと中島愛が好きです。

おおかみこどもの雨と雪/細田守

昼過ぎの時間帯に『おおかみこどもの雨と雪』を見てきました。
前情報は最低限といった感じ。
ストーリーは女子大生の花がおおかみおとこと出会って、2人の子供を産み、育てていく様子といった感じ。
ストーリーはそこまで急展開はなく、比較的先の予想がつく王道のような展開ですね。
その為、じっくりキャラクターをみせている。
花はちょっといい人過ぎますねw
あの感じだとこれまでに結構人に騙されていそうな気もするが。
花自身は劇中ではあんまり成長等はありませんね。
多分子供の頃からあんな感じでこれからもずっと変わらないんだろうな。
逆に子供たちはやっぱり多感だろうし2人とも変化してますね。
幼い頃は元気な雪、物静かな雨で2人とも出会いで変わる。
雪は転校生の草平で、雨は山の主の狐。
雪は恋、雨は憧れ。
この出会いで2人の行末は何となくわかりましたね。
ただ、2人とも小学5年、6年というのにはあまりにも大人すぎますね。
これは狼の血が流れているからなのか?w
他のキャラクターとしては韮崎のじいさんが分かりやすい田舎の頑固じいさんで楽しかった。
映像的には子供たちの表情・しぐさが素晴らしい。
元気に走り回ったり、笑ったり泣いたりと非常に表現豊か。
いわゆる戦闘シーンみたいなアクションシーンはないんだけど、雪と雨のケンカのシーン等アクションも見所ありますね。
特に花、雪、雨が雪山で走ったり滑ったりしてるシーンは気持ちいい。


ちょっと残念だったのはおおかみおとこの彼の突然の退場ですね。
うーん、ちょっと突然過ぎやしませんか?
何か花、雪、雨の生活を見せるために殺されたという印象が…。
意味のある死に方ってのも何かおかしいですがフィクションだから何かしらそういったものがあっても良かったかなぁ。


ただまぁ単純に面白かったですね。
映画館に行くの一年ぶりくらいだったけどやっぱり映画館で見るのはいいねー。
出来れば月に2回くらい、最低でも1回は行きたいんだけどねぇ。
今日は150人超入る場所でしたがほぼ満席でしたね。
親子連れというか家族で来てる人も自分の様に男一人で来てる人もいて幅広い層が見てますね。
前作まで少なからずマニア向け臭もありましたが今回はそういったものはなかたのかな。
まぁ細かく見れば全然そういった見かたもできるとは思うんだけど。
今日見に行ったことでやっと『アニメスタイル001』を読める。
絶対見てから読もうと思ってたのでw
いろいろ記事読んだらまた見に行きくなるんだろうなw

アニメスタイル001(特別付録『おおかみこどもの雨と雪』設定資料集) (メディアパルムック)
アニメスタイル001(特別付録『おおかみこどもの雨と雪』設定資料集) (メディアパルムック)