読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想と愚痴と…

乃木坂46とアニメとユヴェントスと中島愛が好きです。

ミュージカル「虹のプレリュード」10月4日

銀河劇場で行われた『虹のプレリュード』を観てきました。
初日以来の2日ぶりですねー。
今回も1日2回公演なのでもちろんどちらも観劇ですよねー。
席は昼夜ともほとんど同じでしたね。
上手側の前から10列目くらい。
見比べたかったのでもう少し違う場所で観たかったなぁ。

すでに2回見ていたので更に細かいところまで観るようにしました。
まず冒頭のドレス着ているいくちゃんの腕が細すぎることを再認識w
いくちゃんは直接見る度に大丈夫かと思うくらい細い。
最初の『16人のプリンシパル』で見た時友達とびっくりしまたね。
何度か見ていると次に台詞をいうキャストがわかるので予めそちらを見たり、かなり余裕を持って見れるようになった。
このミュージカルは様々な魅力があると思うんだけど、個人的に物凄く可愛いと思うシーンが一つあって…。
ヨーゼフがルイズにピアノをプレゼントして部屋を出るときにルイズが「弾いてもいい?」というシーン。
ルイズはピアノの椅子に座っているから上目遣いなんですよね。
この可愛さがもうね、天使か小悪魔かというハンパではない可愛らしさでこれにやられない男っていないでしょw
そりゃヨーゼフもウキウキで扉にキスするわw
このウキウキのヨーゼフは初日に比べて更に舞い上がってますね。
このシーンは1番笑えるところなんだけど毎回笑いが大きくなってるんじゃないですか。
中河内さんの演技もより楽しいモノになってますw
あとは乾杯のところですか。
音楽からメルヘンチックで少女漫画原作ということを思い出させてくれます。
ルイズが「ペット♪」というところはいくちゃんのいたずらっぽさが出ていて良いです。


何はともあれあとは最終日の2回公演のみですね。
どちらも観劇するので最後まで楽しもう。
今まで以上にいくちゃん中心に見るかな。