読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想と愚痴と…

乃木坂46とアニメとユヴェントスと中島愛が好きです。

乃木坂46 10thシングルの選抜メンバーが発表された…

いやー10枚目ですねー。
支離滅裂なことを書きなぐります。

今回の発表に先立ちいくつかのことがあった。

  • AKB全握の事件
  • 生駒のAKB総選挙14位
  • 市來の卒業
  • 相楽伊織の加入
  • 生田の復帰
  • 9th発売1ヶ月での発表(リリース期間の短縮)

etc.
握手会の事件は、結局全握も個別も続けているので選抜発表には影響無いですね。
市來の卒業も1年半以上アンダーだったので同様ですか。
生駒のAKB総選挙14位というのはメディア的には盛り上げたし、9thではポジション上げて認知させるという考えは思いつく。
相良の1年越しの加入はネタ的には使える。
生田の復帰は予想通りですが、同様のネタ。
で今回一番大きいのは10thの発表が予想以上に早かったことじゃないですかね。
8月にツアーがあるのでツアーは9thのメンバー中心にして、最後の神宮で選抜発表かなと思っていました。
代々木みたいに。
だから新曲は11月かなと思っていた。
もうシングルの発売日発表されたが10月8日。
予想より1ヶ月早い。
これは完全に年末狙いですね。
まぁ紅白ですか。
これが最も今のグループとしてプライオリティが高いのでしょう。

今回の選抜メンバーは9th発表時から予想できたメンバーが14人。
9thの十福神、高山、堀、生田、ちはる。
この14人はまず選ばれますよね。
今回は16人だから枠はあと2つ。
アンダーで活躍したメンバーを持ってくるか、研究生を持ってくるか、相良を持ってくるか。
さすがに研究生、相良はないかなと思いました。
アンダーだと万理華、飛鳥あたりが有力かなと思っていましたが…。

まずセンターは生田。
9th休業発表されたときからセンター復帰は既定路線でしょうか。
復帰直後にセンターに置くというのは反発もあるかもしれないけど逆にきっかけとなってやりやすいですよね。
だって元々センター候補でもあったわけだし、誰でもなんとなく予想は出来てはいるんだから。
ただミュージカルの主演が発表されたので、負担考えるといくら万能の生田でも難しいかなと思っていた。
結局そんな負担も考えずセンターになったわけですが、容赦ないですねw
休んだ分働けってことですか。
生田の両隣が白石、西野で両端が松井、橋本。
9thのフロントに生田が割り込んで、松村が弾き出された形ですね。
年少の生田を今の乃木坂の顔である2人で挟むのはバランス的に良い。
両サイドは更に大人っぽい2人で見栄え良いです。

2列目までが十福神。
下手から松村、秋元、生駒、桜井、深川。
松村がフロントから2列目になったので、若月が福神落ち。
おそらく争ったのは秋元、深川でしょうか。
人気考えるとこの3人の中で比べたら順当なのかな。
あと若月は7thから3連続で2列目だったってのもありますね。
秋元は9thで復活、深川は8thから2連続なので。
深川はおそらく今一番上り調子なメンバーですし。
プリンシパルの時とかびっくりしましたから。
メンバー的には順当。
ポジションは9thで真ん中だった桜井ではなく生駒が真ん中で。
歌とか考えると桜井かなと思うけど、生田がセンターなのでバランス考えて生駒にしたのかな。
生駒真ん中するとまぁこの並びがベストですかね。
身長考えても対称だし。
やっぱり身長高いメンバーは両端のほうがいいです。

最後の3列目は下手から衛藤、若月、堀、星野、高山、ちはる。
福神から落ちた若月と1期で選抜経験のなかったちはるは順当ですね。
まぁ堀、高山も同様でしょう。
十福神とここまでの14人が9th時点からほぼ固い予想だったので残り2枠。
結局は9thから衛藤、星野が継続。
衛藤は人気考えたら順当ですね。
星野についてもまぁなんとなく予想付いていた感じですか。
3列目も真ん中に若いメンバー持ってきてるのはフロント、2列目と同じ。
センターラインに生田、生駒、星野、堀を配置したのはバランスを考えてでしょう。
今回のポジションはかなりバランスを考えてる印象。
高山をいつものポジションではなく一つずらしたのもちはるの方が身長高いからでしょう。
まぁもう固定じゃないというメッセージというのもあると思いますが。

結局9thからの入れ替わりは、井上・優里・大和が外れ、生田・ちはるが入るという最小限の変化。
色んなメンバーが言っていますがやっぱりこの10thは「勝負」なのでしょう。
まぁ紅白等出て更にステップアップを狙う段階で今までから大きく変えるというのはやりづらい。
流れ的には悪くないのだから。
だったら西野の継続センターというのが1番安定的ではあるとは思うんだけど。
でも勝負をかけるのであれば同じことをやっていては勝てないわけで。
勝負をしなければならないけどメンバー構成はイジって自爆したくない。
そうなると最小限の変化で勝負に出る手を考える。
それがセンター交代だったのかな。
候補としては生田、生駒、白石、橋本あたりでしょう。
この4人だったらそれぞれセンターに置く理由は思いつきますね。
そんな中、生田が選ばれたのはここ2作からイメージを変えられるからでしょう。
生駒でも同様ですが、生駒は5thまでセンターだったし今も露出多い。
生田も5thまではフロントですが、学業等もあるため外仕事は福神の中でも少ない。
最も若いし、生田のパワーで勝負に出た感じですか。

でもこれはアンダーメンバーからしたらこの最小の入れ替わりはどうなんですかね。
去年までのアンダーは正直を何をやっているのかあまり見えてこなかったんだけど、今年からはアンダーライブもあり活動としては目に見えて増えてますよね。
確かにアンダーライブは楽しいですよ、近いし熱気もあるし。
ただアンダーメンバーからしたら楽しむだけじゃなくて自分のアピールの場なわけで、ここで活躍できれば選抜へという意識は少なからずあったと思う。
それが結局全く繋がっていなかった。
ライブ見てる客側からしたら普段露出の少ないメンバーのパフォーマンス見れることで握手会に行こうと思ったりするけど。
選抜とアンダーという線引を行っている人たちはその線を超えるメンバーはいなかったと結論づけた。
むしろ今回に関しては初めから不可侵だったのかなとも思いますが。
勝負のシングルは9th発表時から決まっていたのかな。
10th期間中もアンダーライブもあるわけだからこれが11thに繋がるようでないとね。
選抜アンダー含めた乃木坂46としてのステップアップは難しくないかな。
11thは来年でしょうから変化は大きくなりそうな気がするけどw






まぁ何はともあれいくちゃんセンターですか。
まいやんとなーちゃんに挟まれてだから個人的には最高のフォーメーションなんですがw
プリンシパルでは下手の席が多かったのでミニライブでは散々見た光景。
ただ個人的にはミュージカルがあるのでフロントサイドか2列目真ん中が良かったかな。
センターだとあまりに負担が大きいでしょう。
学業もあるなかで大丈夫かと思いますが。
隣にはまいやんがいるわけだからおもいっきりこき使った方がいいですよw
生田社長なんだからw
楽曲も楽しみですね。
いくちゃんの声を活かす曲だったらいいなー。