読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想と愚痴と…

乃木坂46とアニメとユヴェントスと中島愛が好きです。

傷物語Ⅱ 熱血篇/新房昭之・尾石達也

アニメ 映画

早速見てきました。
前作『鉄血篇』は特にテンポの悪さが気になって仕方なかったんだけど…。
今作は阿良々木くんと羽川さんの関係、ヴァンパイア・ハンターたちとの戦いがメイン。
『鉄血篇』は阿良々木くんとキスショットの出会いだけで終わったんだよなぁ。
羽川さんはまぁ完全に今作では広いんですね。
この羽川を選ばない阿良々木くんが謎すぎる。
可愛い、やさしい、頭いい、委員長、メガネ、おっぱい大きい、パンツくれると非の打ち所ないじゃないか。
ヴァンパイア・ハンターとの戦いも派手な超人アクションっぷりが見られたのでまずまず満足。
ただ正直ヴァンパイア・ハンターたちがそんなに強く感じなかった。
あんなもんなの?っていう。
ギロチンカッターあれで終わり?
演出で気になったのが、時間の前後を入れ替えることでシーンを強調する演出。
先の出来事を1カット入れることを多用されていたけどそんなに効果があるのかよくわからない。
個人的には悪目立ちかなと思った。
『鉄血篇』程ではないけどテンポがまだ気になる。
『鉄血篇』+『熱血篇』で90分で十分かな。

前作程ではないけど不満はなんだかんだあるなぁw
まぁ羽川が良かったです。
ヒロインって書いたけど主人公でもありますね。
堀江さんが素晴らしい。
予告であんなこと言われたら…、ほっちゃーん! ほ、ほーっ、ホアアーッ!! ホアーッ!
ヴァンパイア・ハンターたちの声優も良かった。
江原正士大塚芳忠と渋すぎ、カッコよすぎ。
3作目は1月ですか。

2016年上期乃木坂46メンバー別Google検索月間平均ボリューム

アイドル アーカイブ

f:id:yahen:20160813035535p:plain

2016年の上期が終わって1ヶ月半、乃木坂46メンバーのGoogle検索月間平均ボリュームをまとめる。
前回も書いたけど人気だから検索されるというわけでもなく、基本的にはメディア露出やWeb記事の多いメンバーが有利なランキング。
ただまぁメディア出ても興味持たれない場合もあるわけで…。
良くも悪くも引っ掛かりのあるメンバーが上位に来るのかな。

比較として2015年下期の順位・数値も入れたけど順位に大きな変更はありません。
変動率が大きいのは、山崎、鈴木、中元、深川、飛鳥。
要因としては、山崎は大学合格、鈴木は乃木中・NOGIBINGO、中元はスーメタル、深川は卒業・センター、飛鳥はセンター。
上記以外で増減が大きいのは、西野、生田、生駒、衛藤、北野。
西野は、ライオンのグータッチのレギュラーとアナザースカイのゲストが大きい。
グータッチは週一のレギュラーですからね。
アナザースカイも30分特集してもらえるのはデカい。
生田は写真集の発売やバラエティのゲスト出演。
バラエティは、特にしくじり先生が大きかったようで。
バラエティの出演が増えたのは、写真集が上期で1位だったからですが。
生駒はソフトバンクCMのギガ役の声。

前回書いたけどやっぱり飛鳥、中元、北野は上げてきている。
中元、北野は15thで久しぶりの選抜だけど1回で外すのは勿体無いかな。
2期生は基本ずっと上がり目だけど、まだ選抜未経験で若い寺田と鈴木は面白いと思います。
寺田は随分前から期待されていたけど『ボーダー』でセンターやってからもう1年半ですから。
若干、機を逃した感じはあるけどまだ若いからこれから。
鈴木はようやく乃木坂の番組でも少ないながら出番があったり、ガンプラのイベント出たり。
面白いキャラだし、何より可愛いからもっと人気出ると思うんだけど。

ボリュームが減っているのは橋本、松村、優里の3人。
まぁ、橋本と優里は前期ネガティブなことで一時的に増えていたのが原因。
松村は不倫後からずっと右肩下がりですね。

白石は特別に何かあったわけではないので伸びなし。
秋元はバラエティの出演多いけど変わらず。
星野、堀辺りが元気ないのも気になる。

もうそろそろ16thの発表も近づいていると思うけど、2期生を入れるためにも選抜は18人にして欲しい。
どうせ2列目までは若干のポジション変更のみで、外せなんだろうから。

シン・ゴジラ/庵野秀明・樋口真嗣

映画

誰もがまずは『シン・エヴァンゲリオン』作れよって思っていると思うし、自分も勿論そう思っていた。
でもせっかくだから見に行くかと軽い気持ちで見たわけですが。
まぁ2時間あっという間でしたねw
ここまでの作品見せられたらエヴァは後回しでも仕方ないと思ってしまった。
島本さんじゃないですが、完敗ですよw
若干CGの安っぽさを感じたけどまぁこの作品にとっては些細なこと。
ただ、子供がこのゴジラを見て楽しいのかなというのはありますが。
自分が子供の頃は、親とゴジラを見に行ってたので。

もう2、3回は劇場で見たい。
そして、次はエヴァの完結を…。
庵野さんは、シン・ゴジラでハードル上げてしまったのではないだろうかw


natalie.mu

それぞれの椅子

アイドル 音楽

乃木坂46の2ndアルバム『それぞれの椅子』は、あの手この手を使って客単価を上げるためのライブ映像の分割特典w
2014年の神宮ライブは個人的には2015年より演出が良くて好きなんだけどなぁ。
CDの収録曲も半分くらいTypeごとに入れ替えて。
こんなアホみたいな売り方良く考えるなぁと関心しますよ。
なので『それぞれの椅子(Special Edition)』のハイレゾ版を買いました。
まだちゃんと聞いてないけど『太陽に口説かれて』が面白かった。『きっかけ』からの流れで聞くのが良い。
光合成希望』はなーちゃんのソロ曲だけどやっとが曲調変わったか。歌い方が変わっていないのがらしくてよい。
『低体温のキス』は遊びだけど、『リボンの騎士』を経てってのを考えると深い。『透明な色』の時ではダメでしょう。
そして『口約束』の歌い出しで驚愕して、キャプテンの声に聞き惚れる。このユニットは歌い方の個性が強くて面白い。好き嫌いは別として。ずっと聞くのは疲れる。



CDはType-BとDは安くなったら中古で買おうかな。
まぁDVD一回見て終わるんだろうけど。

GARMWARS ガルム・ウォーズ/押井守

映画

早速観てきました。
ストーリーの前情報はほぼ無しです。
冒頭からよくわからん単語連発。
ただままぁ短い世界観の説明もあり、見ていれば世界観もなんとなくわかる。
まぁいい睡眠導入映画だったかな。
製作費20億かぁ同じ金掛けるならアニメでやった方が良い内容。
細かいディティールは凝っているんだろうけど、全体的にはいろいろと安っぽく感じて残念だった。
ただまぁどんなに壮大な世界観や設定作っても結局はいつも通りの押井作品に落ち着くってのはもはや伝統美。
そう考えるとなんだかんだで安心して見られるわけでもある。
そろそろ押井さんはまたアニメ作ってください。
スカイ・クロラ』以降作っていないかな。

欅って、書けない?を最新回まで見た…。

アイドル

先日から見始めた『欅って、書けない?』を最新回まで一気に見た。(実質3日くらいか)
昔の『乃木どこ』を見ているような感じで懐かしくもあり、新鮮でもあった。
体力測定やリアクションチェック、学力テストと定番でもあるけどやっぱり面白く笑わせてもらった。
現状番組30回くらいだけど乃木坂46に比べて欅坂46のメンバー大人しいかな。
って思って同時期の『乃木どこ』を見返したら西野七瀬がエピソードトークで泣きながら「太った鳩を見るのが好きなんです。」って言ってたw
あんまり変わらないよね。
なーちゃんが人気出だした一つのきっかけだよな。
なんか昔の方がなーちゃん話してたな…。
あとエリカ様回も同じか。
まぁ『乃木どこ』の話は長くなるな。

『欅って、書けない?』5月2日放送回まで見て気になったメンバーを。

  • 今泉佑唯
  • 菅井有香
  • 長濱ねる
  • 平手友梨奈
  • 守屋茜
  • 渡辺梨加

(五十音順)

自己紹介動画見た時から若干の入れ替わりが。
ねるねるねーるねはあとから特別待遇の加入だけど、まぁそりゃ加入させるよねっていう。
1stでは唯一選抜から外れた『けやき坂46(ひらがなけやき)』だけど、2ndではさっさと最低でも2列目に持って来るべきでしょう。
温存しておいてもしょうがない。
平手ちゃんはMVとか音楽番組ではそこまで惹かれなかったんだけど『欅って、書けない?』では全然違いますね。
最年少でセンターやって『サイレントマジョリティー』の世界観に完璧にあった演技して凄いけど、バラエティの時の方が個人的には好きです。
欅坂のセンターはずっと平手ちゃんでやるものだと思うけど、楽曲制作に関してはあまりにも背負わせすぎているように見える。
まだ14歳ですからね。
守屋さんは正直そんなに印象になかったんだけど髪型変えてすっごい美人がいると思ったら守谷さんでしたw

握手会行くんだったら話しやすそうな今泉、長濱、菅井様かな。
平手ちゃんは中学生なのでちょっと…。
渡辺梨加は間違いなく事故るでしょw
まぁ行く予定ありませんが。
大人っぽいメンバーが多いので学年の上下がよく分からん。
米さん年少メンバーかよw


あと欅坂と関係ないけど今の芸人全く知らない自分にびっくりした。

レヴェナント: 蘇えりし者/アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ

映画

目に見える圧倒的な自然の壮大さと言葉で発しなくても伝わる父子の絆。
ストーリーは単純だけど2時間40分が短く感じる映画だった。
冒頭の川でのアクションと熊との戦闘だけでもアクション映画として楽しい。
娯楽映画でもあるから仕方ないけどグラスが超人的すぎる。
あの怪我で終盤歩いたり、馬に飛び乗ったりしてるけど無理でしょw
マーベルのヒーローかな。
ディカプリオの演技も凄かったけどここまで体はらないとアカデミー賞とれないのか。
それにしても熊は恐ろしい。
森で会ったら死しかない。
イニャリトゥ作品は見ないとなぁ。